学歴は、断る理由にはなれど、採用しない理由にはならない

 まず、基本的に学歴は断りたい時には理由として使えますが、不採用になるかどうかは別問題だという事実を認識してください。つまり、その人を不採用とする口実に学歴を持ってきただけの事で、本当の理由は企業側の条件の不一致です。ここでいう条件とは、勿論学歴のことではありません。

 そもそも新卒でも中々就職先が見つからない時代に、そこに対した差はありません。高卒、既卒、大学中退、フリーター、ニートの方が就職に失敗する原因の殆どは「選んだ先による自滅」です。

 特に一番多いのが、毎年一定の採用枠をアピールはしていますが、実は人材を求めていない企業。そしてわざわざそういう企業に応募して不採用通知を貰っているというパターンです。これは学歴に関わらず就職活動全般に言える失敗です。

・特に希望職種は決まっていないけど大手がいい
・とにかく何処でもいいから就職を決めたい
・学校推薦で面接まではなんとかなった

 この三つに一つでもあてはまれば、不採用の本当の理由はこれです。面接官はそういう人を飽きるほど見てきているので、完全にとは言いませんがある程度見抜きます。元々使えそうな人材が来てくれたら採用しよう、という企業側の姿勢に対し、この手の人が通る訳がありません。

 そして不採用に対し、通知に理由が書かれていることはほぼありません。なのに何故か、やっぱり学歴が駄目なのかと勝手に思っていませんか?おそらく、誰もそんな事は始めから言ってない筈です。新卒が暗黙の了解の時代も確かにありましたが、今は違います。

 そして、まず採用の可能性がある、本当に人を求めている企業を探しましょう。

・どう見ても人手不足
・特定の資格を求めている
・合同説明会等に出ている企業

 狙い目の企業としては、この三つでしょう。特に説明会はものによっては参加だけでかなりの費用が掛かります。そこまでしてでも、人に来て欲しいという証拠です。問題なのは、学歴ではなく企業の選び方。それを前提に就職活動に臨めば、希望の光は見えてくる筈です。